Tap Dancer "SARO" Profile

タップダンサーサーロ プロフィール
 


 
SARO(サーロ)
日本のタップダンサー、振付家、ミュージシャン、演出家
1982年生まれ、東京出身
 
幼少期から音楽に興味を持ち、9才でタップダンスを始め、足で音を出す不思議な魅力に取りつかれる。
子供の頃から舞台やメディア等で、キャリアを積み始め
10代後半からソロ活動をスタートさせる。
北野武監督作品『座頭市』に出演やアメリカの偉大なTap Master JIMMY SLYDEの来日公演ではラストのソロパフォーマーに抜擢される。
 
その後、音楽的でオリジナルなタップダンスのスタイルを求めてアメリカ、アジア、ヨーロッパを旅しながら多様な文化と音楽を学び続け、音楽的でグルーヴ感のある現在のタップスタイルを確立しタップダンサーがミュージシャンとしても活躍できることを体現することに尽力している。
 
タップダンサーとしては異例のFUJI ROCK、RISING SUN ROCK FESTIVAL, 宮古島ミュージックコンベンションなどの野外フェス出演、
リリース音源がiTunes Jazz Chartにて1位を記録など
個性的な活動を展開している。
 
世界での活動も積極的に行なっており
香港タップフェスティバルゲスト出演や、マレーシアにて行われたAsean Japan TV festival 日本代表パフォーマーの一組としてパブリックステージ、レセプションパーティーに出演。
パリで開催されたジャパンエキスポにてソロ出演。
ロックギタリスト『MIYAVI』 のバンド『kavki Boiz』のメンバーとしてワールドツアーを成功させ、
異色のギタートリオ『Conguero Tres Hoofers』のメンバーとしてヨーロッパ、ロシアツアー、台湾公演を成功させる。
altanative band 『Venue Vincent』のメンバーとしてタイツアーも敢行し、それぞれで
各国のTV、メディアにも出演。

現在は、自身のバンド、ソロによるパフォーマンス、ライブなどの活動や
舞台やメディア出演。
様々なジャンルのアーティストとコラボレーションと多岐にわたる活動を行なっている。
同時に、タップ指導やワークショップ、子供向けオリエンテーションなどを日本全国、世界で開催しており、2017年よりタップダンサーのための舞台『Tap Dance Concerto CON』を主宰し、演出家、教育者としても精力的に活動している。


 

Japanese tap dancer and choreographer. A member of "Conguero Tres Hoofers," he also performs solo and with a number of other teams and bands. Saro began taking tap lessons at age of 9 in Tokyo. Later he went to India and New York which greatly influenced his current tap rhythm.
When King of Slydes (Jimmy Slyde) came to perform in Japan, SARO did the last performance of the day.
SARO now spreads the influence of his tap music and movements all over Japan and among other Asian countries by giving lessons.
 
 
FILM:Takeshi Kitano's film Zatoichi (2003)
PERFORMANCE with WILD MARMALADE, Makoto Kuriya (Jazz Pianist)
GUEST PERFORMANCE in Mixed material arts DREAM's title sequence
PERFORMED at Count down event in Hong Kong
PRODUCED MUSIC for UNIQLO commercial
CHOREOGRAPHY for Saotome Taichi (Japanese stage actor)
OTHERS Joined MIYAVI’s (Japanese solo artist/guitarist) CD, DVD, and Japan and world tours with his backup band "kaki boyz"

     

1992 テレビ朝日 平成不思議探検隊チビッコ達人大集合 出演 
1993 川崎アゼリアファッションショー 出演 
1999 TBS BIG WEDNESDAY DANCE ARTIST 出演 
2000 日本テレビ ウッチャンナンチャンのウリナリダンステンジク 出演 
2001 ミュージカル ネネム 前進座劇場
2002リップスライムコンサート 日本武道館 / National tap day シアターアプル 
2003 映画「座頭市」 / インターナショナルキャンピングRVショー 日産ブース
2004 TVCM [MAC HOUSE] / 世界遺産 登録記念ビックフェスティバルオーケストラ ふるさと和歌山奏でる ゲスト出演、TV「ビートバンク」出演 / 熊谷和紀 TAP! The LIVE 出演
2005 テレビ朝日「菊次郎とさき」出演 
2006 JIMMY SLYDE 来日公演 SWING MAN東京芸術劇場 ソロ出演 / RAISING SUN ROCK FESTIVAL出演 
2007 東京オートサロン大阪オートメッセ日産ブース / 横浜JAZZ Promnade KANKAWA Reminescence Miles project出演
Wild Marmarade来日公演ゲスト出演 / / RAISING SUN ROCK FESTIVAL出演 
MIYAVI[KABUKI BOYS]として日本・世界ツアー・CD&DVDリリース/ MIYAVIとSAROでユニクロCM楽曲提供
2008 総合格闘技 dream オープンにングムービー出演 / 堂本剛ソロライブ友情出演 / 舞台「夢を叶える像」振付出演
2010年 台湾、香港にて、ワークショップ
ギター、TAP、パーカッションの3人で『Conguero tres hoofers』を結成。
1stアルバム iTunes JAZZ部門で1位獲得しFuji rock festival 2010 出演。
同バンドにてNHK『エルムンド』出演。
早乙女太一新春公演 tap指導、出演
RAISING SUN ROCK FESTIVAL→RISING SUN ROCK FESTIVAL
2011年 Fuji rock 2011 にConguero Tres Hoofersとして出演。
2012年 香港カウントダウンイベントに出演
2013年 Conguero Tres Hoofers セカンドアルバム iTunes ジャズチャート1獲得。
2014年 所属バンド『Conguero Tres Hoofers』にて、53日間に渡るヨーロッパツアー敢行、計30本を超えるライブを行い、終盤にはパリにてワンマンライブを成功させる(フランス、ドイツ、オランダ、モナコ公国)
パリにて行われたJAPAN EXPOにて『美.JAPON』のメンバーとしてメインステージ、パリ日本文化会館にてパフォーマンスを行う。
同じくパリJAPAN EXPOでは
バンドConguero Tres Hoofersとしてもライブパフォーマンスを行った。
2015年 Asean Japan TV festival
(マレーシアにて行われた日本代表パフォーマーの一組としてとしてパブリックステージ、レセプションパーティーに出演。)
所属バンド『Conguero Tres Hoofers』でロシアツアー敢行。5都市を回り、4本のテレビ出演、計6本のライブをし大成功を収める。
2016 FUJI ROCK FESTIVALにKenta Hayahiと共に出演。
やなぎみわ演出『日輪の翼』出演。(tap、drumで出演)
2017年 やなぎみわ演出『日輪の翼』出演(tap.drumで出演)
所属バンド『Venue Vincent』1st album【ain't no trick】発表。
自身プロデュースの公演『tap dance concerto con vol.1』発表 西日暮里アルハムブラにて3回公演
 
その他、 
早乙女太一 新春公演 振付出演・同公演テレビ ソロモン流インタビュー出演 
NHKドレミファワンダーランド出演 / Google Crhome web CM 出演 / アジア各国でゲストワークショップ /
FUJIROCK FESTIVAL パリジャパンエキスポ 他